コロナウィルスの感染者減少に伴う観光再開について、
中村屋では夏のご予約の受付を開始致しました。
この夏は通常より受け付ける予約数を減らし、
蜜にならないよう心がけています。
ウィルス対応は完全ではありませんが、
当民宿でできる範囲の努力をしております。
お客様にご不便をおかけする事もあるかもしれませんが、
感染拡大防止にご協力下さい。

それに伴いお客様にお願いがあります。
来島時にマスクの着用をお願いいたします。
体調が優れない場合は来島をご遠慮願います。
島は医療施設も限られています。
もちろん入院する施設もありません。
お年よりも多い地域ですので、
できる限りの事はしたいと思います。

たくさんのお客様に来ていただきたいのですが、
この状況では仕方ないですね。
はやくワクチンや治療薬ができて、
完全に再開できる事を願っています。


新型コロナウィルスの影響により、
新島村では下記のようにアナウンスしています。https://www.niijima.com/

新島・式根島は本当に良いところです。自然がいっぱい、美味しいものもたくさんあります。海は青く透き通り、空気もきれいです。皆さん、ぜひ新島・式根島においでください。いつもなら、このようなお願い、ご案内をするところですが、今回は違います。
 新島・式根島への旅行は自粛してください。ましてや体調がすぐれない状態では絶対に新島・式根島にはお越しにならないでください。
 島には1つの診療所しかなく、もちろん感染症病棟もありません。人工呼吸器も簡易的なもののみです。医療従事者も限られた人数しかいません。検査機関もなく、PCR検査に出しても結果が出るまで数日かかります。
また、生活圏が狭く人との接触率も高い地域であることから、感染者が出た場合、瞬時に爆発的感染を引き起こす可能性があります。
高齢化率も高く、重篤化する割合も高くなることも予測されます。
 今のところ新島・式根島では新型コロナウィルス感染者は出ていませんが、いつ出てもおかしくない状況には変わりありません。私達は今、目に見えない敵に怯えています。目に見えない敵と戦っています。自分を守るため、子供たちを守るため、父母を守るため、尊い命を守るために、今何をする必要があるかを考えてください。
 新島・式根島は観光業が主産業の一つです。このメッセージは新島村の経済にとって、相当な痛みを覚悟しなければならないことは承知しています。でも今は「命を守るために必要な時間」と考えています。
どうか、これらのことを理解していただき、一人一人が考えて行動してくれることをお願いします。
そして、この未知なる敵との戦いが終息したのちには、新島・式根島にぜひお越しください。心から歓迎させていただき、おもてなしさせていただきます。
                                          令和2年4月6日
                                         東京都新島村長 青沼邦和

上記のようなアナウンスがあり、さらに現在の東京、日本の状況も鑑み、中村屋では東京都の非常事態宣言が解除になるまでの間、お客様の予約を受け付けない事に致しました。難しい判断ではありましたが、ご理解の程よろしくお願いいたします。予約受付停止の期間は延長することもありますのでご理解の程よろしくお願い致します。1日も早くこの混乱が収まることを祈っています。

新島村では6月8日まではお役様を受け付けないようアナウンスがありましたので、ご予約の受け付けはそれ以降になります。まずは少人数の受け付けになりますので、常連のお客様優先とさせていただきます。


本日の獲物は尾長メジナです。
お客さんが桟橋で釣り上げました。
釣り方はカゴ釣りでした。

前日も1枚40cmオーバーを釣り上げたそうです。
エサ取りでソウシハギとウスバハギがいる事が多く、
ハリスを傷つけられたり切られたりするので、
投げる前に必ずハリスの傷をチェックした方が良いです。
ソウシハギは毒があるので食べられませんが、
ウスバハギは外見は悪いですが美味しく頂けます。

DSC_0177


↑このページのトップヘ